ライティングとリライティングの違い

在宅ワークの仕事で募集が多い職種で「在宅ライター」の募集と言うのがありますが、これは一体

何をするのかと言うのが今一つ良く分からないと言う声が多いのでここで書いておきます。

 

在宅ライターの仕事には、「ライティング」「リライティング」と言うものがあるのですが、そ

の違いが良く分からないと言う方が多いようなので、そこを分かりやすく簡単に説明しておきます。

 

「ライティング」とは簡単に言うと決まったテーマの記事を書いたり、体験談あるいは商品の説明

文等を書いたりすることです。

 

このライティングと言うのは、インターネットにおいては非常に重要なものであり、WEB上におい

ては、商品の価値や、サイトの価値、サービスの価値などを訪問者が判断するための要因となる程

重要なもので、あり必要不可欠なものになるわけです。

 

サイトやブログの価値は、有益な情報、すなわち「役に立つ記事」が書かれているかどうかで決ま

ってきます、サイトのテーマに沿って有益な情報の記事を書くことを「ライティング」と言います。

 

ただ、このような説明を読むとそんなたいそうな記事なんて書けないと思うかも知れませんが、そ

んな難しいものでもありません、なぜならサイトやブログの記事は、その訪問者の人が欲しい情報

が書かれているかどうかと言うことが重要なのであって、文章が上手いとか、綺麗な文章を書くと

か、そういう意味ではないからです。

 

ライティングの基本は、ある情報を知りたいと思ってネット検索からサイトやブログにたどり着いた

人が読んで非常に役に立るような記事を書ければ良いわけです、もちろん読みやすい、意味が分かる

ような文章でなければいけませんが、プロが買いたような文章でなく、読む人が理解できるような文

章であれば何の問題もありません、ようするに相手に言いたい事が伝われば良いのです。

 

また、この書いた文章の記事が、サイトやブログで言う「コンテンツ」と言うものになって来るわ

けですね、もちろんサイトやブログには、それぞれテーマがあり、様々な関連情報を集めて記事を

書いているわけなので、テーマにそったりルールに沿って文章を書く必要はありますが、あまり難

しく考えるようなものではないと言う事です。

 

リライティングとは何か?

リライトとは、簡単に言うと、「書き直す」「書き換える」という意味です、ある文章を、全く別

の言葉や言い回しを使い、同じ意味の文章を作ることを言います。

 

例えば、リライトの典型的な例を上げると、

「私は本を買った。」

「僕は書籍を購入した。」

という文章です、全く違う言葉を使っていますが、意味は同じですね。

 

簡単に言うと、その言葉の類義語等に置き換えて、言い回しや、自分の思い等をさらに加えると完

全なオリジナルの記事になって来ます、そうやって文章を書きなおすことを「リライト」つなわち

「リライティング」と言うわけです。

 

実際に、ネット上に多く存在しているサイトやブログのほとんどの記事は、「リライト」されたも

のであると言っても過言ではありません、せっかくなのでリライトするコツを書いておきます。

 

【リライトするポイント】

・リライトする元になる文章の重要な単語や語句を書きだす

・リライトする文章の意味や結論を把握する

・最初に書きだした重要な単語や語句の類義語を調べておく

・調べた類義語を使って、同じ意味、同じ結論になるように自分の言葉や言い回し、考え等を加え

て文章を書く

・書いた分を読みなおして、修正して修了

 

在宅ライターの仕事は、基本的にこの2つのどちらかの記事を書くことになります。

全て自分で言葉や内容や結論を考えて記事を書くのか、同じ内容や意味の文章などを探して来てリ

ライトして記事を書くのか、ただ、しっかりリライトした文章が書ければ、それはオリジナルの記

事としてWEB上では認められます。

 

簡単に言えば、人の文章を参考にして、自分の言葉や言い回しや、思い考えを加えて、同じ意味の

文章が書ければいいわけなので、正直言いますが、誰でも出来ます、後はコツを掴むかどうかです。

 

運営者プロフィール

プロフィール画像

サイト運営者 うれぼう 7年前に会社を設立。それまで8回の転職を繰り返し、途中何度かフリーターを経験する。現在専門学校の講師をしながら輸出ビジネスのコンサルタントなど5つのビジネスを行いブログの運営をしています。

⇒詳しいプロフィール

お問合せはこちら

当サイトでは、ご質問やご相談をいつでも受け付けています。お気軽にメールをください(*^_^*)

メール

ブログランキング

ページ上部へ戻る